風の音

藤井風さんの音楽を独断と偏見に満ちた目で紹介しています

藤井風のスラップピアノについて語ってみる

ご訪問いただきありがとうございます

blackbird🍀です。

 

今回は藤井風さんのピアノについて語ってみたいと思います。やっぱり彼の魅力の筆頭、ピアノ。わたしも最初に目を奪われたのはピアノの独特なテクニックでした。


f:id:blackbirdw:20200814120328j:image  

       twitterからお借りしています

特徴的なのはやはりピアノにドラムセットがくっついているということかな。こんな人初めて見ました。わたしはスラップピアノと呼んでます。スラップとは叩くの意味で、ベースが有名ですよね。スラップベース、チョッパーのこと。スラップピアノの元祖として名前が残ったりして。KAZE 奏法みたいな。

 

彼のピアノ、打鍵の音とともに爪の音がカチカチ鳴るんです。普通なら邪魔な音だし、クラシックピアノとしてはありえないんだろうけど、彼の場合はわざと鳴らしてるのかもと思うくらい音楽に溶け込んでます。

まず、爪はハイハットです(断言)。ドラマーの左側にセッティングされる、足で踏む小さいシンバル。細かいビート担当。

それから左手の親指はスネア(またもや断言)。小太鼓ですね。ドラマーも普通は左手で叩きます。一致してるところが可笑しい。

動画を見るとわかるんだけど、スネア(?)を叩くために、彼は、左手親指をものすごい勢いで叩きつけるの。手が反転してる時すらある。基本は2拍目と4拍目に入れてビートを締める感じ。それであんなにピアノが生き生きと弾むのね。

クラッシュシンバルといわれる大きなシンバルもあります。太ももです。ここ!って時にバシーン!と叩くの。痩せてるのにいい音するんだよね。

バスドラムもたまにありますね。それはたぶん靴とスリッパ。ペダルの半クラッチ的な時もあるかもしれない。足元写ってないので想像なんだけど、たまにコンコンと軽めのバスドラム的な音が聴こえてきます。

 

元祖スラップピアノといえばやっぱりこれ。

たぶん打鍵は1番強いです。わたしが最初に衝撃を受けた動画でもあります。

 

これも途中からすごいスラップ。

まだ若々しくて若干破綻してるあたりがとても好み。レミオメロン…WWWわざとそのままにしてるのかな。

 

スラップピアノの完成形がこれかな。

キーボードの鍵盤はピアノと比べるととても薄いんです。その分打鍵の音自体も大きくてドラム感たっぷり。ものすごいグルーブ感ですよね。

 

これはシンバル入ってます。

 

さすがだな、と思うのが、決してピアノ自体は叩いたりしないということ。ピアノの側面とか叩くと大きな音しそうだけど、絶対にしない。ピアノは友達なのね。慈しむようにこの子って呼んでるものね。

 

楽しそうにまるで遊ぶかのようにピアノを弾いてる姿しか動画では見れないけど、陰の努力は相当なものでしょうね。ほぼノールックだし、歌詞も全て頭の中。天才の上に努力家だなんて、無敵ですね。

 

まだ見てない人がいたなら是非見てみてください👼きっと視聴が止まらなくなるはず。わたしはそうでした🌈

 

お読みいただきありがとうございます

blackbird🍀

 

 

 

 

藤井風 "もうええわ" に差し込む光

ご訪問ありがとうございます。藤井風さんの音楽を独断と偏見にまみれて解釈して紹介しています。blackbird🍀です。

 

藤井風さんの2ndEP

"もうええわ"

HELP EVER HURT NEVERにも収録されています。

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

  • アーティスト:藤井 風
  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: CD
 

執着からの解放を力強く歌うこの歌、"何なんw"でデビューできなかったらこの曲で、と思ってたほど思い入れがある曲らしいです。

わたしも今回並々ならぬ思いで書いています。なぜならわたしはこの曲で人生を変えてもらったから。大袈裟に聞こえるかもしれないけど、ほんと。効果抜群の解放ソングです。

 

イントロは寂(さび)れたピアノから始まります。低音質、低画質で有名な彼のカバー動画を彷彿とさせる音。そして低音をうならせてベースのグリッサンド、からのAメロ。なんとも鮮やかな切り替え。ピアノも寂れた音から美しいデジタルピアノの音へ。

さあ羽のばして ここから

捉われてばっかだったから

行き詰まった悦び手放す時は今

心軽くしてこれから

自由に歩いてみたいなら

すれ違った人だって過去だって怖くない

語りかけるような優しい声。曲調は暗いですね。暗がりを歩いてるみたい。Em7から始まりマイナーセブンを基調に進行するコード。だけど、イントロに比べると美しいピアノの音色の分だけ光を感じます。

 

そしてBメロ

ここでふわっと光が差し込む。コードの展開が巧みです。転調からの希望を感じる進行。

みんな先が見えない夜道を

共に迷い歩く夜更け時

うつむかないで怯えないで

閉ざした扉叩いて

なんだかコロナで疑心暗鬼になってしまった世界みたい。みんな怯えてしまって差別や歪んだ正義が横行してますね。彼の歌を聴けば怯えなんか消えてなくなるのにね。

 

そしてサビの衝撃的なこのフレーズ

もうええわ 自由になるわ

泣くくらいじゃったら笑ったるわ アハハ

このフレーズを聴いてわたしはたぶん覚醒したんだと思います。まさに覚醒。頭をバーンと殴られたような。メロディと見事に一体化して、心にダイレクトに飛び込んできます。ほんと、天才ってこういうこと。

 

そして、もうええわという言葉に対する風くんのこだわりが見えるのが英訳。

日本語はもうええわだけなんだけど、英訳はたくさんあるんです。

I'm over it   It's over now   That's enough

Alright then   I'm fed up   I've had enough

No more   Let it go

これだけの意味を「もうええわ」の一言に託して歌にしたのね。風くんと同じ日本人でよかったぁと思ってしまいます。同じ感覚が味わえるんだから。

 

この曲は、転調しながら短調長調の間を自由に行き来するんだけど、長調に上がるときに、必ずふわっとした浮遊感があって、同時に光が差し込むの。

だから繰り返しこの曲を聴いてると、何度も何度も浮遊して、光を感じることができる。

そして最後に執着からの解放へ導くこの力強い歌詞

もうええわ 甘い夢ばっか見させんといて

もうええわ 要らんことばっか聞かせんといて

もうええわ 手放したいもの今全てこの空に捨てて

もうええわ 何が大切なん?よう選んで

もうええわ そう思うならサッサ手放して

もうええわ 自由になるわ

泣くくらいじゃったら笑ったるわアハハ…

 

力強い声に引っ張られるように光は増し、歌い終わった風くんは本当に光に包まれます。偶然撮れた映像らしいけど、ほんとに神々しい。光輪とオーブに包まれて歌い終わるってほんと何者?わたしにはブッダにしか見えない。

 

解説動画もあります

1番の終わりに入ってる隠しメッセージ

Man will be released from the cycle of birth  and death only when he gives up body attachment 

(人は身体への執着を手放した時に初めて生死のサイクルから解放される)

これは輪廻からの解放ですよね。この言葉を強く信じてるんだって。

やっぱり私の中では藤井風=ブッダ

特にこの曲はブッダ感強めw

 

繰り返し聴いてるうちに自然と光を感じ

いろんな執着から解放されていく

大きな力を持った曲 

"もうええわ"でした。

 

断捨離もめちゃめちゃすすみますw

 

お読みいただきありがとうございます

心より感謝します

blackbird🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

藤井風 "調子のっちゃって"ないよね、彼は。

ご訪問ありがとうございます。藤井風さんの音楽を独断と偏見に基づき勝手に解釈して紹介しています。blackbird🍀です。

 

藤井風さんの1stアルバム

HELP EVER HURT NEVER

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

  • アーティスト:藤井 風
  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: CD
 

収録曲

"調子のっちゃって"

ジャズテイストあふれる一曲。イントロからささやき声とか入れちゃって、大人のムードたっぷり。

あなたの言葉はこの鼻を伸ばす

私だって私だって

ついハイになっちゃって

着色の言葉無味無臭の心

行き違って行き違って

調子のっちゃって

まやかしの宝見せかけの光

風に乗って風に乗って

どっかいっちゃって

そうだよね。あれだけの才能だから、子供の頃からたくさん誘惑や甘言があったんだろうな。こんな風にもてはやされて裸の王様になってしまったことがあったのかな。

今の謙虚な風くんからは、調子にのってた過去なんか想像もできない。天才って言われ続ける気持ちなんて凡人にはわからないけど、ご両親の教えが素晴らしかったのもあるし、自分自身を常に見つめてきたんでしょうね。

 

この曲、ジャズテイストではあるけど、普通の16ビートだし、ジャズはスパイス程度ですね。そこんとこのさじ加減もいいなあ。

1番では歌とウッドベースを目立たせるためにピアノはおとなしめ、2番に入ると、今度はピアノが左手でウッドベースとユニゾンをとったりして遊びはじめる。こういうの、ジャズミュージシャンたちが打ち合わせしてるとこを想像するだけでかっこいい。

デビュー前にピアノトリオもやってたみたいなので、本格的なジャズピアノも聴いてみたいです。ジャズもめちゃめちゃ勉強したんだろうから絶対すごそう。

優しかった いつも支えてくれた 信じてた

あの子の顔 探しても見当たらない

これって、たぶん風くんの周りでよく光ってるあの存在のことですよね。調子にのると光の存在も離れていってしまうのね。

けど、わたしはほんとに調子にのってる姿がどうしても想像できない。子供の頃だったらなんとか想像できるかな。

高校生の風くんが、調子にのって椅子から転げ落ちるところをtwitterで見たけどあれがMAXなんじゃない?本人はこの曲を書いてからは調子にのることもなくなったって言ってましたね。そうやっていつも自分を律してるのね。

 

最後はまたジャズ全開になってのささやき声。深みのある、なんていい声なんだろう。イヤホン推奨しますw

 

ゆりやんからインスパイアされたけど、それを微塵も感じさせないようにおしゃれに仕上げた歌

"調子のっちゃって"でした。

けど、たぶん彼は調子にのりませんw(まだ言ってるw)

 

お読みいただきありがとうございます

blackbird🍀

 

 

 

藤井風 "さよならべいべ"に隠した涙

ご訪問ありがとうございます。藤井風さんの音楽を独断と偏見に基づいて勝手に解釈して紹介しています。blackbird🍀です。

 

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

  • アーティスト:藤井 風
  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: CD
 

 

藤井風さんの1stアルバム

HELP EVER HURT NEVER収録曲

"さよならべいべ"

からっとしたロックにのせた上京ソング。いつもの達観した彼ではない等身大の姿が岡山弁で描かれてます。

来んと思った時はすぐに来た

時間てこんな冷たかったかな

時間に対して冷たいって、いきなり泣ける。英訳は何かなと見てみると、

I didn't know that time can be so cruel

なるほど、cruel ね。直訳すると「残酷な」。

うん、ぴったり。英訳もセンス抜群なんでしょうね。英語のセンスを感じられるほどスキルアップしたいな。もっと勉強しよう。

 

曲調は明るいです。悲しい明るさ。

さよならがあんたに捧ぐ愛の言葉

わしかてずっと一緒におりたかったわ

別れはみんないつか通る道じゃんか

だから涙は見せずに さよならべいべ

あえて「涙は見せずに」って言ってるところがまた泣ける。(もう2回目w)

先日公開された初のドキュメンタリー動画で、上京の事に触れていましたね。

前日に何でこんなに涙がでるんだと思うほど泣いたって。ほら、やっぱり泣いてる。この歌聴いてると、青年藤井風の心がダイレクトに伝わってきて胸が痛くなります。

新しい扉を叩き割った

前に進むことしか出来ん道じゃから

泣いとる時間もないようになるけどな 今

誰も見とらんから少しくらいええかな

前にしか進めないから扉を叩き割ったんだね。すごい決意。ずっと歌う人になりたかったんだって言ってたもんね。

このあと歌詞カードにはないんだけど、

「少しくらいええかな」に対して

「なあ、ええよな」って歌ってるんです。ほんとにいっぱい泣いたんだなぁ。

 

これ、不思議なんだけど、地元の彼女にあてた歌と思ってる人、あまりいないですよね。たぶんみんな、家族や故郷への歌だと思ってる。彼の愛が大きすぎて、恋愛の歌には聴こえないんでしょうね。

 

わたしはこの曲を聴いたあと、なぜか、くるりの"ロックンロール"という曲を思い出しました。

https://youtu.be/YXgkortTFhY

似てるわけでもないのになんでかな、と思って聴き返してみると、2つの曲の景色がリンクしてるんです。

くるりの"ロックンロール"は、たぶん、前に進もうとする「君」の背中を押してあげる、晴れやかなさよならの歌。抽象的であまりはっきりしないんだけど、わたしにはそう聴こえた。だからこれは"さよならべいべ"を背中側から見た歌。あの有名なお父さまの気持ちになってしまってこの曲を思い出したのかもしれない。

 

そうだよね、送り出す方にとってもさよならだものね。"さよならべいべ"には愛情をもって送り出した人たちの涙もしっかり含まれてるのね。

 

ドキュメンタリーを見てると、風くんが日本から世界に羽ばたく日も思ったより早く来るのかもしれないなんて思いました。その時が来たら、またたっぷりの涙をギターの音に隠したこの歌を聴いて送り出さなきゃね。

 

いろんな人の涙がキラキラと透けて見える

"さよならべいべ"でした。

 

お読み頂いてありがとうございます

こころから感謝します👼

blackbird🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

藤井風 "キリがないから"の秘密の音

 

ご訪問いただきありがとうございます。

藤井風さんの音楽を勝手に解釈して紹介してます。blackbird🍀です。

 

藤井風さんの1stアルバム

HELP EVER HURT NEVER

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

  • アーティスト:藤井 風
  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: CD
 

 

そのなかでも疾走感あふれる

"キリがないから"

 

疾走感というよりむしろ浮遊感。車が浮いちゃってるから。

 

この曲は、アルバムの中で唯一デジタルサウンド全開。ピアノの音はほとんど入ってないですね。新しいけど懐かしいような絶妙なとこついてくる😆サザンの名曲ミスブランニューデイあたりの時代のシンセサイザーの音が現代にアップデートされた感じ。

 

歌詞は1番しかないんだけど、考えてて力尽きたのかなwもしくはメロディが呼ぶ言葉がこれだけしかなかったとか?

 

冒頭部分

キリがナイから

ここで終わらすだけなの

さもなけりゃ 永遠に永遠に彷徨うザマ

あとがナイから

ここで戦うだけなの

この旅は そんなにそんなに甘かないわ

 

これは輪廻転生のことですよね、たぶん。この旅っていうのは現世、今生のこと。

過去、未来に執着せず今に集中しよう。悪い習慣、悪い思い、欲望をぶっ壊そうぜ。みたいな歌だって解説がありました。

それができれば永遠に続く輪廻から開放されるってことかな。

 

音楽的には先日、風くん本人から面白い情報がありましたね。この曲には未来の音が使われてるってw

歌詞の「マボロシ!」の「シ!」の音が、DとD♯のちょうど真ん中の音なんだって。もっかい言います。

ちょうど真ん中の音なんだって。

「ちょうど」って言えるってすごいな、って思ってしまった。(そこ?)

ピアノにはない半音の半音というものは管弦楽器でも出せる音なんだけど、なかなか自信を持って、ちょうど真ん中とは言えないです。さすがの絶対音感。どこまで聴き取れるんだろう。半音の半音のさらに半音まで?

 

この「マボロシ!」の「シ!」のところの音がまた曲者で、この部分はBというコードなんだけど、風情報の、DとD♯の音というのはこのコードが明るくなるか、暗くなるかを決める3度にあたる大事な音なわけですよ。

もしD音だったらBmで暗く、D♯音だったらBとなり明るくなる。(説明ムズカシイ、伝わるかな)

 

だから、そのちょうど真ん中を歌ってるってことは長調でもない短調でもない、ちょうどニュートラルな曲調に一瞬なるということ。(風くん、あってますか?わたしの説明>.<)

それを未来の音っていうセンス。

 

間奏でもBとBmの構成音をつかったフレーズがでてくるから長調短調のすき間を表現したかったのかな。もしかしたら空間のゆらぎや歪みを表しているのかもしれない。

 

もうひとつ。こちらはミキシングをされた方からの情報。後半、ベースが抜けて浮遊感たっぷりになる部分があります。

ここの2回目のフレーズが少し不協和音になってて素晴らしいって。2:50あたり。確かに声が少し上ずって不協和音になってる。ここもやっぱりDとD♯の間の「未来の音」。

まるで、無重力の世界を飛んでて、フワッと浮き上がりすぎて苦笑い、みたいな。

 

この曲は、アルバムのために制作したって言ってましたね。今までの、ピアノに向かって作るっていうのとは違うアプローチで作ったのかなと思います。Yaffleさんと一緒にアレンジもしながら作っていったのかもしれない。

 

タレコミ情報が続くってことはいろんな細かい工夫とか遊びがあって、みんな言いたくなっちゃうのかな。次はYaffleさんからのタレコミがあったりしてw

なんだか肩の力を抜いて楽しみながら音楽を作ってる姿が思い浮かびます。それこそ浮遊感を味わいながら。

 

MVもとってもかっこよくて大好きなんだけど、ひとことだけ。

あのデロリアン(じゃないけど)、

岡山ナンバーだったら100点だったのになw

 

ピアノじゃない新しい音と遊ぶ新しい藤井風の姿が垣間見える

"キリがないから"でした。

 

お読みいただきありがとうございます

心より感謝します

blackbird🍀

 

藤井風の"罪の香り"は令和のお経

ご訪問いただきありがとうございます。

藤井風さんの音楽を勝手に解釈して紹介しています。blackbird🍀です。

 

藤井風さんの1stアルバム

HELP EVER HURT NEVER

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

  • アーティスト:藤井 風
  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: CD
 

なかでもひときわ熱い"罪の香り"

聴いたことのない衝撃のイントロから始まります。何風?ジャンルは何?

ラテンぽいんだけど違う気がする。ただ、罪の香りがプンプンするっていうのだけ受信。

 

粘り気のある色っぽい声。この曲も女性目線で、なんとも艶(なま)めかしい。こんなに女言葉が似合う人なかなかいないです。

 

歌詞から抜粋

  • 怠惰がうるさいのよ
  • 別の恐怖と 今は戦ってるの
  • エゴはやかましいのよ
  • 欲望 しつこいのよ

 

これって、ブッダが悟りを開いたときの最後の誘惑じゃないですか?映画「リトルブッダ」で、ブッダは魔王の娘たちの誘惑を振り払ったのち自己と対峙し悟りを開く。その時の誘惑がこんなのだったと思うんだけど。怖れとか欲望とか。

 

エゴはやかましいのよ

ちょっとお席外しといてよ

誰も 何も 座れないとこ

神聖な場所 もう邪魔でしかないの

 

欲望 しつこいのよ

消えたそばから現れないでよ

凝りもせんと 付きまとうのも

これで最後よ 鼻が利き出したのよ

やっぱりエゴとか欲望とかいったネガティブエネルギーを振り払う様子だよね。毎朝瞑想してるって言ってたから。もしかして風くんが解脱したときの記憶を歌にしたのかな。(もう解脱してるの前提w)

もう恥じることなんてない

他に怖いものなんてない

うーん、やっぱり解脱してる。けどファンはたぶん誰も驚かない。わたしの中ではすでに藤井風=ブッダです。しかも「リトルブッダ」のキアヌ・リーブスのイメージ꒰⑅ᵕ༚ᵕ꒱˖

 

あとこの歌、ラテンパーカッションが入ってますよね。たぶんコンガとカウベル。カン、カン、カン、カンって。

コンガはいいとして、カウベルってこんなにこもった音だったっけ?って気になりだして。もっと踏切警報機みたいに甲高い音で鳴らせばいいのに、とか思いながら聴いてると、

途中から「カン、カン、カン、カン」が、

「ポク、ポク、ポク、ポク」に聞こえだした。

 

あれ?

これ、もしかして……木魚?

イヤ、たぶんカウベルなんだけど、なんか高音域を絞ってわざと木魚っぽくしてるんじゃ…という疑惑。

後半盛り上がるにつれてわたしの耳はカウベル木魚にフォーカスしてしまい、なんだかトランス状態に。

 

ポクポクポクポクポクポクポクポク

 

ああ!ごめんなさい!ってなるw

なんにも悪いことしてないんだけどねww

戒め感、お清め感すごすぎです。罪の香りに敏感に生きていこう。風くん曰くあとで死ぬほど泣かなきゃいけないから。

 

 

風くんが解脱したときのお話をカウベル木魚にのせて令和の新しいお経にしちゃった…のかもしれない、

"罪の香り"でした。

 

お読みいただきありがとうございます👼

blackbird🍀

 

藤井風の"死ぬのがいいわ"の主人公は?

ご訪問ありがとうございます。

藤井風さんの曲を独断と偏見に基づき勝手に解釈して紹介してます。blackbirdです🍀

 

藤井風さんの1stアルバム

HELP EVER HURT NEVER

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

HELP EVER HURT NEVER(初回盤)(2CD)

  • アーティスト:藤井 風
  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: CD
 

その中でも

昭和テイストあふれる"死ぬのがいいわ"

昭和というよりいっそ大正ロマン?なんだか時代考証の無茶苦茶なパラレルワールドみたいな面白さw

 

イントロはひらひらとしたピアノから。バックに面白い音が入ってますね。なんの音だろ。声のサンプリング?心の叫びかな。

 

指切りげんまん ホラでも吹いたら 

針でも何でも 飲ませて頂きMonday

It doesn't matter if it's Sunday

(まあ日曜日でもなんでもいいんだけど)

鏡よ鏡よ この世で一番

変わることのない愛をくれるのはだれ

No need to ask cause it's my darling 

(聞くまでもないわ、私のダーリンよ)

 

低音がたまりません😆まるでバリトンサックスやチェロの響き。

歌詞はなんだか少し滑稽でおとぎ話のような世界。死ぬのがいいわっていってるんだけど、本気じゃない感じ。曲調もところどころ明るいしね。

 

この曲は耳で聴いたときと歌詞カードを見たときでは少し印象が違いますね。歌詞カードはwitがたっぷり。英語訳のせいなのかもw

 

メロディ自体も独特なんだけど、藤井風という人は言葉選びも独特のセンス。しかも音とぴったり合ってるというすごさ。

 

またすごいのが音域。前半は渋い低音、後半は1オクターブ上げて、軽々と歌ってます。声色も多彩で才能が溢れすぎ。

 

イントロがひらひらしたピアノだったので、わたしはなんだか、蝶々とお花の恋を連想してしまいました。艶やかなアゲハ蝶がお花に恋をして周りをひらひら舞っている、そんな映像。お花は何がいいかな。大正っぽく赤い牡丹なんかいいかも。うん。

 

死ぬのがいいわって言ってる割には時々浮つくのね、この「わたし」は。

死んでも治らな治してみせますってw

 

悲しいほど晴れた日、困り顔の牡丹の周りを浮気症のアゲハ蝶はひらひら舞い、神様は「またやってるよ」って少し呆れて笑って見てる。

そんな光景を思い浮かべてしまいます。わたしだけ…?…だよねw

 

間奏の楽器代わりのスキャット。風くんの渋い歌声の上に、加工して高くしたコミカルな声が重なる。キテレツ大百科の"はじめてのチュウ"みたいな声w

やっぱりこの曲はかわいいイメージなんです、わたしには。

 

風くん自身は上京してすぐ、買い物に行った帰りに「死ぬのがいいわ」ってメロディと歌詞が同時に降りてきたって言ってたみたいですね。何を見てて降りてきたのかな。

蝶々とお花だったらいいなあ(>ω<)

ま、違うだろうけどねw 

 

どんな世界なのかなあって想像するだけでちょっと楽しませてもらえる

''死ぬのがいいわ"でした。

 

 

お読み頂き本当にありがとうございます

心より感謝します

blackbird🍀