風の音

藤井風さんのこと 音楽ときどきスピリチュアル

藤井風「きらり」が連れてってくれる先は


f:id:blackbirdw:20210507195220j:image

 

きらり

きらり

  • 発売日: 2021/05/03
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

藤井風、はじめてのCMタイアップはHONDAのVEZELでした。しかもフルモデルチェンジにあわせての大キャンペーンプロジェクトの一端を担う大きな仕事!!さすが規格外。CMで使われている車のナンバーは「か 221」。そして発表の前日にネタバレ的にインスタに上がってきた写真の車のナンバーは「ぜ 221」。つなげて「かぜ」になる小ネタまで仕込んでもらって愛されてますね😊


f:id:blackbirdw:20210507195153j:image

荒れ狂う季節の中を二人は一人きり さらり
明け行く夕日の中を今夜も昼下がり さらり

ゆったりとしたグルーヴでまずはスタート。80年代のディスコサウンドへのリスペクトを感じます。5月の風のようなさわやかさの中にどこか切なく、そしてファルセットは伸びやかでとても気持ちがいい。

新曲がでる度に空を見上げて想いにふけってしまうわたくし。今回も空と風をびしびしと感じます。

どれほど朽ち果てようと最後にゃ笑いたい
何のために戦おうとも動機は愛がいい

 愛のために戦うなんていいなあ。そんな激しさはとっくに忘れてしまったと思ってたけどもうちょっと頑張ってみようかな。最後に笑うために。

荒れ狂う 季節の中も 群衆の中も

君とならば さらり さらり
新しい日々も 拙い過去も 全てがきらり

すべてを包み込んで肯定してくれますね。思い出したくないような拙い過去ばかりだけど全てがきらりと輝いてると思えば救われる。

 

そして2番に入ると徐々に複雑なリズムを刻みはじめ都会的なダンスミュージックにギアチェンジ。1番のゆったりした気持ちのいい青空のイメージから間奏を挟んで、キラキラとした人工的な夜景の映像が浮かんできます。見上げるともちろん満天の星空。(注:わたしの勝手な妄想です(*^^*))

息せき切ってきたの
行き先は決めたの
迷わずに行きたいけど保証はしないよ

ここは、人生の行き先のことだと思うんだけど、文字通りの意味で、「風くん、なんか方向音痴ぽいなあ」って思ったのはわたしだけでしょうか(笑)バイクの免許は結局取れたのかな…

何か分かったようで
何も分かってなくて
だけどそれが分かって本当に良かった

無知の知ですね。ソクラテスの。

I know that I know nothing

まずは自分が何も分かってないと気づくところからスタートなのね。本当にいつもいつもわたしに必要な言葉をポンっと投げ掛けてくれます。

 

そして、2番の2回目のBメロからの流れが、これぞ風風(かぜふう)GROOVE!って感じ。

生きてきたけど全ては夢みたい
あれもこれも魅力的でも私は君がいい

美しいコーラスをバックに切ないボーカル。歌詞のせいもあって、走馬灯のような不思議な空間に引きずりこまれる。そしてこのあとの

「あーあああーあ あーあああーあ」ですよ。螺旋状に空へどこまでも高く巻き上がっていく。そして続く大サビの

どこにいたの 探してたよ

で、バスドラムが止み、ふわっと無重力の世界へ、と思った瞬間

連れてって 連れてって

うなるベース、たたみかけるコード進行の中、目を開けるとそこはもう、宇宙空間。(注:わたしの勝手な妄想です(*^^*)) 目も眩むような銀河の中を無重力ドライブ🚀 風風GROOVEはわたしを宇宙まで連れてってくれる。

何もかも 捨ててくよ
どこまでも どこまでも

荒れ狂う 季節の中も 群衆の中も
君とならば さらり さらり

新しい日々も 拙い過去も 全てがきらり

ピアノのバッキングでエンディング。やはりピアノの音がよく似合います。

最後、「全てがきらり」でアウトロなしで急に終わるから余韻がきらきらしてすごい。ついつい何度も鬼リピしてしまいます。1時間でも聴いていられるな、たぶん。運転中に聴くとノリノリになってアクセル全開にしたくなるので要注意!

これ、サムネのタイトル、風くんの直筆ですよね、あのまるっとした文字とeの上のちょんちょんとハート。HONDAの風愛が随所に見られてファンとしてはとても嬉しい。この曲でまた認知度があがったみたいですね。どんどん有名になって、少し寂しいんだけど、世界中を、やさしさにあふれた藤井風風に染めてもらわないといけないからわたしも布教活動がんばります🎵